• ホーム » こだわり

    こだわり

    信濃地鶏

    信濃地鶏は長野県産地鶏として奥信濃の北信五岳を望む高原で澄んだ空気と天然の水で育てられ、軍鶏の血を受け継ぐ信濃地鶏は信濃農園のみの単独農場ででの生産です。地元飯綱町の特産品の一つとしてブランド力向上を目指し、主とする精肉のほかソーセージやスモークなどの加工食品も販売しています。

    長野県では平成元年度より県の事業として「信濃鶏 銘柄確立事業」を実施してきました。その後の研究や実験の結果、肉質が良好で生産性がよく、病気にも強いとして、軍鶏のオスとホワイトプリマスロックのメスの交雑種を「しなの鶏」として平成9年度に公表しました。

    信濃地鶏はこの「しなの鶏」を元にしたブランド地鶏です

    通常、飼育期間80日以上というのが地鶏の定義として定着しています。しかし信濃地鶏の場合、飼育期間は 120日以上に設定されています。
    通常の地鶏の1.5倍、 ブロイラーの2倍の手間と時間が必要とされます。

    十分な飼育日数を広い農場で飼育者の愛情を一杯に受けて育った信濃地鶏は、平飼い育ち。 走り回り、止まり木を飛び越えて十分な運動をしているので、独特の歯ごたえと肉質の熟したジューシーな鶏肉の味を堪能できます。

    抗生物質、抗菌剤を使用しない飼料と、農場のある森林から湧き 出る天然水で育った鶏たちの肉は、ほのかな甘みと旨みが絶妙に 調和し、どんな料理に使用しても1ランク上の味が楽しめ、焼くと香ばしく、噛むと昔ながらの鶏本来の歯ごたえと甘くジュ ーシーな肉汁が染みだします。

    有限会社 信濃農園

    奥信濃の飯綱町で北信五岳を望む高原で「信濃地鶏」と「信州産あいがも」を飼育から食鳥処理・食肉解体加工を得て販売まで一元化にて営業しています。北信濃の山や森に囲まれた標高700mの高原で四季折々の自然の下、信濃地鶏は1平方メートルあたり5羽以下という他の地鶏飼育地にも例を見ない広々とした飼育環境のもとで自由に伸び伸びと成育します。東京帝国ホテル、愛知万博で利用実績のある信濃地鶏。飯綱町推奨品60品の一つとして、商品ブランド力向上を目指し活動しています。